芸能活動を一時休止していた藤澤恵麻。復活のウォーミングアップにはオンラインカジノとのコラボが最適か?

朗読舞台「逢いたくて・・・」を最後にしばらく芸能活動を休止した藤澤恵麻

藤澤恵麻氏は、2001年に『non-no』第32回モデルオーディションでグランプリを受賞して以来、同紙専属モデルとして活躍している以外では、NHK連続テレビ小説『天花』のヒロイン役を務めたり、香川県の「香川かがやき大使」に任命されたりするなど、広く精力的に活動をされていました。

しかし、朗読舞台「逢いたくて・・・」を最後に、2019年まで活動を休止しています。

結婚したタイミングとほぼ一緒なため、プライベートが忙しかった可能性

同年には大学時代から付き合いのある一般男性と結婚しており、それ以降活動がしばらく停止しています。

そのため、結婚を機に生活が大きく変わり、仕事よりプライベートを優先されていたのだと予想できます。

結婚は人生において大きな節目となることが多いため、藤澤恵麻さんも同じように色々落ち着いてから再開を検討していたのかもしれません。

第1子誕生後、2019年にはNHK連続テレビ小説『なつぞら』で復活

2018年には第1子が誕生しました。

しかし、その1年後である2019年にはかつてヒロインを努めたNHK連続テレビ小説で再度出演が決まり、約2年の休止を終えることとなりました。

しかしながら、2020年には第二子の出産もあったため、子育てのことを考えると本格再開はもう少し時間がかかりそうです。

完全復活の暁には、ギャンブルサイトとのタイアップはあるか?

育児で忙しい可能性が高いため、完全復活まではもう少し時間がかかるかもしれません。

しかし、キャリアについてしばらくインターバルがあることを考えると、いきなり従来のようにすぐに色々活動できるとは限りません。

何かしら「やりやすい」仕事で徐々にウォーミングアップした方がよいと考えるかもしれません。

復活があるとすれば、オンラインカジノ

そうした状況では、オンラインカジノサイトとのタイアップについて検討する余地があります。

理由は3つあります。

プレイ人口が増えている

オンラインカジノのプレイ人口は、日々増え続けており、成長産業です。

近年では、コロナ禍の影響もあり、家から出ずに過ごす時間が増えていることもそれに拍車をかけています。

オンラインカジノは文字通りネット環境を利用したカジノであるため、インターネットさえあれば場所と時間を選びません。

こうした手軽さから、法的な問題はまだまだ山積みながらこれからも成長していくと多くの人が予想しています。

無料ボーナスなど、これからも増える余地がある

初回登録時に無料ボーナスでカジノをプレイできるなど、オンラインカジノには初心者向けに多くの特典があります。

そのため、ユーザー数を増やす仕組みがたくさんあり、これがまたプレイ人口の増加に寄与しています。

普通のギャンブルにはこのようなことはありえないので、新規ユーザーにとっては非常に始めやすい環境が整っています。

パチスロなど、芸能人とコラボする可能性

上記のように、市場が急成長していくなか、オンラインカジノ自体の一般的な知名度を上げる努力も行われています。

そして、一般的な知名度を上げるには、藤澤恵麻氏といったような有名人とのコラボが1つの手であるといえるでしょう。

同氏なら国民的な人気もありますし、ちょうど育児による休み明けでの仕事なら、このような単発のコマーシャル的な仕事の方が取り組みやすいですし、業界的に利益が出やすい構造になっているため、きっとギャラ的にも魅力的でしょう。

まとめ

以上、藤澤恵麻氏の近況とこれからの可能性について説明しました。

育児を挟むと中々仕事に復帰するのは大変ですが、オンラインカジノとのコラボを検討するとスムーズに芸能界への復帰も行えるかもしれません。